料金案内

相談料、手数料

     金 額
相談料 相談時間30分あたり ¥5,500
文書作成料 簡単な内容の通知文書、弁護士名の入っていない内容証明郵便等 ¥11,000~¥33,000
文書作成料 裁判所に提出する書面、弁護士名による内容証明郵便等 ¥33,000~¥55,000

 

着手金(事件を受任するに当っていただく料金)、報酬(事件終了後に成果に応じていただく料金)
弁護士費用は着手金+報酬です。事件の内容や種類によって、下表の通り異なります。その他、事件処理のための実費(切手代や印紙代など)がかかります。

     金 額
一般調停事件
(交通事故・契約上のトラブル・金銭の貸し借り等)

調停とは、裁判所が間に入る形で、トラブルを当事者間の話し合いで解決する手続です。

着手金の金額は、事案の性質、困難さに応じます。

着手金
¥220,000~¥330,000
一般訴訟事件
(交通事故・契約上のトラブル・金銭の貸し借り等)

訴訟とは、紛争の解決のために、裁判所に請求を認める(または訴えを斥ける)判決を求める手続です。
調停の場合と同じく、着手金の額は事案の性質、困難さに応じたものとなります。

着手金
¥330,000~¥550,000
家事調停、審判事件
離婚
養育費の取り決めなど、家事審判法に定める事件について裁判所の判断を求める場合は、まず調停を申し立てなければならないことになっています。調停で相手方との合意ができないと、審判や訴訟の手続に移行します。

着手金
¥275,000~¥385,000
家事訴訟事件
離婚請求などが調停等で成立せず
訴訟に移行した段階から受任した場合の着手金です。
調停段階から受任しており、訴訟以降後も引き続き受任する場合は、調停事件受任時にいただいた着手金との差額をいただいております。

着手金
¥385,000~¥550,000
破産申立
(個人、同時廃止)

破産手続のうち、債権者に分配する財産がない
場合産申立です。
報酬はいただいておりません。

着手金
¥220,000
破産申立
(個人、管財事件)

破産手続のうち、債権者に財産を分配する手続に移行する
事件の破産申立です。
報酬はいただいておりません。

着手金
¥330,000~¥550,000

民事再生(個人)

債務を一定額減額してもらい(最大80%)、その後その債務を原則3年、最長5年で分割返済していく民事再生申立です。
報酬はいただいておりません。

着手金
¥330,000
破産申立(法人) 法人の破産申立については、事案の性質に応じますので、ご相談下さい。 着手金
¥550,000
過払金返還請求 債権調査対象業者一件につき、報酬額は回収できた過払金の20% 着手金
¥27,500
報酬20%
任意整理事件 債権調査対象業者一件につき 着手金
¥27,500~¥55,000
一般示談交渉等 事案の性質、困難さに応じます。ご相談下さい。 着手金
¥220,000~
(過払金返還請求以外)
事件終了後、成果に応じていただいております。

割合は、事案の性質、困難さに応じ予め話し合いの上決めさせていただきます。

報酬
成果の10%~30%